-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-04 00:05 | カテゴリ:日常
課題をしようと努力してましたが、

最近、

ホントに自分が教員目指す価値がある人間なのか・・・?

という疑問がフツフツと湧いてきたので

やる気が出ないんです。

教育原論とやらをいろいろ考えてもテスト対策しても

レポートを提出しても・・・

春学期から教職課程の授業とらない!!と決断しかけている

というか もはや先が見えたような気がしたので
 

教職課程とか意味ないだろ・・・と。


そんな器じゃないですよホント・・・

てか

そもそも授業中ケイタイいじくったり

授業が始まる前から寝て授業終わってからも寝てる

頭空っぽな生徒と同じフィールドで戦ってたって

あほらしいだけですから。


てか

真面目な人間がアホみたいに思えることが多いですよね、

最近の社会は。

悪い人ばかりが目立って

真面目にやっている人にまでとばっちりですよ。

かわいそうで惨めですよ。


と ここまでは言ってないですが、

そんなようなことを 

こないだタクシーの運転手さんがぼやいてました。

あー世知辛え世の中だぜ。

と感じた20歳の冬でした。

やさぐれー。

あ、言語学のゼミをとる私としては

この「やさぐれ」という言葉を簡単に使うわけにはいかない・・・

と思いつつもつかってみました。


言語学を学んで光を見るか、・・・

結局なんだかんだで考えるときは徹底的に考えまくる私には

ぴったりの学問なんではないですかねぇ。

子どものときから観察したり推測したり分析するのは

好きな方だったのかな・・・?


何はなしてるか

わからんくなったけど

とにかく、

<こども>という概念について今もんもんと考えている私には

「子どものときから」と書いた瞬間のイライラが耐え難いものだったので

ちょっくら風呂に入ってきます。


9knowただいま故障中。


スポンサーサイト
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。